AutoMainPNGについて

What is AutoMainPNG​?

はじめに

AnkuLuaとAutoTouchに対応したスクリプト(プログラム)を作成する支援ソフトです。
Luaと言うプログラム言語を知らなくても自動操作スクリプトが誰にでも作成可能です。

 

Introduction

AutoMainPNG is a support software for creating scripts compatible with AnkuLua and AutoTouch.
Anyone can easily create an automatic operation script without knowing any programming language.

自動操作スクリプトとは何ですか?

スマホで自動操作を行う代表的なアプリと言えば  iPhoneではAutoTouchです。AndroidではFrepですね!これらを利用して自動操作を実際に試した方も多いと思います。
基本的な使い方としてはどちらも操作手順を記録しそれを再生して自動操作を行います。
結果から言うと無限再生を行っても上手く手順を記録しないとズレが生じて、止まってる事や効率が悪くなったりしますよね?また、上級者向けとしてどちらのアプリも画像認識で目的のボタンが表示されてれば
的確にタップすることも可能なように手順を作成する事が出来ます。

これで作った事ありますか?
AutoTouchはプログラミング言語のLuaを知らないと作成は出来ないですよね!
じゃあ、Frepは?
Frepは優秀ですね!プログラミング言語を知らなくても、タップする画像をスマホ上で加工待機時間やいろいろな事をスマホ一つで作成できそうでした!
私、Frepを実際利用したのですが、途中でイライラしてやめましたけど・・・w。

Frepはパソコンを持ってない人用と言う事で〆ます。

これに代わるアプリとして近年浮上した「AnkuLua」このAnkuLuaの欠点は操作の記録が玄人向け凡人には無理です!

そこで私が作成したAutoMainPNGの出番です。
これがあればパソコンで自動操作に必要なLuaスクリプトが作成できます。
iPhoneではAutoTouch用
androidではAnkuLua用
この二つのアプリに対応したLuaスクリプトが簡単に作成できます。

What is an automatic operation script?

There are a number of typical applications that perform automatic operations on smartphones, and many of you have probably tried using them to perform automatic operations.
The basic usage of these apps is to record the operation procedure and replay it for automatic operation.
However, even if you think you’ve recorded the taps well, there are times when the tapping position becomes misaligned or the operation stops before you know it, making it less efficient.
If can recognize the image of the target button and tap it, can make the action more accurate, but if you don’t know how to program, you can’t make a script for it.
This is where my AutoMainPNG comes into play.
AutoTouch for iPhone, AnkuLua for android
It is easy to create Lua scripts for these two applications.

専門的に説明しますね

iPhoneを例にとると画面の解像度と言うものが存在します。
iPhone5sの場合 縦置き(X:640 * Y:1136)ですね!画面は四角いマスの集合体で、一マスに色が埋め込まれ画面を表示しています。
たとえば、X:240,Y:600のポイント色が 0xFF00FF です。
はい!もうチンプンカンプンですね!いいんです!わからなくてもAutoMainPNGが全てサポートします!
何をサポートするかと言うと!”0001,0xFF00FF,240,600,0x00FFFF,200,300,220_500,dumy"
このようなデータを作成します!

データを説明すると!
・ ”0001,       これはスクリーンショットのファイル名の一部分
これで、どのスクリーンショットか判断できますね!

・ 0xFF00FF,240,600, 1番目のポイント色と(X,Y)

・ 0x00FFFF,200,300, 2番目のポイント色と(X,Y)

・ 220_500,       タップする(X_Y)

・ dumy"       が今後の処理命令になります。dumyなので今回は何もしない

iPhoneの現在表示している画面で
一番目の色と二番目の色が同じならタップするって言う感じです。
一番目と二番目のどちらか一方でも違えばタップせずに次のデータに移行します。

AutoMainPNGの機能

指定のポイント色と比較し近い色の場合、指定のポイントをタップする!簡単ですね!
また、誤動作を防ぐために指定のポイント色は2点確認しています。

 Features of AutoMainPNG

Compare with the color of the specified point, and if the color is close, tap the specified point.
It is very easy.
Also, to prevent malfunction, the point color to be specified is checked in two places.
Let me explain it technically.
If we take the iPhone as an example, there is something called screen resolution.
The resolution of the iPhone 5s is (X:640 * Y:1136).
The screen is a collection of squares, and each square is filled with a color to display the screen.
For example, let’s say the point color for X:240 and Y:600 is 0xFF00FF.
Don’t understand it yet?
No problem! If you don’t understand anything, AutoMainPNG will support everything!
What it supports is…
“0001,0xFF00FF,240,600,0x00FFFF,200,300,220_500,dumy"
For example, let’s create data like this
The following is an explanation of each part of the data.
“0001, this is a part of the screenshot file name.
that determines which screenshot it is.
0xFF00FF,240,600, the first point color and coordinates (X,Y)
0x00FFFF,200,300, second point color and coordinates (X,Y)
220_500, coordinates to tap (X_Y)
dumy it is a dumy, it will not do anything this time.
If the first color and the second point color are the same on the screen your iPhone is displaying, tap it.
If either one of them is different, it will move to the next data without tapping.

Luaスクリプトについて

AutoMainPNGには[MakeOut]ボタンがあります。
このボタンを押すと、自動化された操作のメインスクリプトとデータがファイルに保存されます。

About Lua script

AutoMainPNG has a [Make Out] button.
By pressing this button, the main script and data for the automated operation will be saved to a file.

AutoMainPNGの使用方法

・自動操作したいアプリのスクリーンショットを取ります。(AutTouchのスクリーンショット機能を使ってください)
ポイントは画面をタップする前に取る・そのスクリーンショットをパソコンに取り込みます。
ディスクトップにフォルダーを作成してフォルダー内に保存します。・AutoMainPNGを起動します。・Dir Addでフォルダーを作成しますフォルダー名はアプリ名がいいですね!・ListViewPNGのフォルダーをクリックして開きます。

・フォルダーの名前が「..」で開いた状態です。この状態でスクリーンショットファイルを
全て選んでドラッグ&ドロップでListViewPNGに入れます。

・ListViewPNGにはアイコンでスクリーンショットが表示します、どれかをクリックします。
Main imgとLarge imgに表示されますね。

・Main imgをクリックするとLarge imgも反映しますね!
Main imgにはスクリーンショット画面が表示されていますが、特徴のあるポイントを選んで2点決めます。

・タップする座標を決めます。ポイント色やタップの決め方はこちらを参照してください。

・各スクリーンショット画面を同じようにポイント2点とタップ点を決めましょう

・完了したら[Make Out]ボタンを押してLuaスクリプトを作成します。

・AndroidはAnkuLuaのフォルダーへiPhoneはAutoTouchのScriptフォルダーへ入れます。
・自動操作するアプリを立ち上げてLuaスクリプトを実行する!

How to use AutoMainPNG

・Take a screenshot of the application you want to control automatically.
・Import it to your computer.
・Launch AutoMainPNG.
・Create a folder with Dir Add.
The folder name should be the same as the app name for easy management.
・Click on the ListViewPNG folder to open it.
・The name of the folder is “…".
In this state, select all the screenshot files and put them into ListViewPNG by drag & drop.
・Click on any of the screenshots in the ListViewPNG, as it will be displayed as icons.
When you do so, it will be displayed as Main img and Large img.
・Click on the Main img, it will be reflected in the Large img.
Since the screenshot screen is displayed on the Main img, select two points to specify the color.
・Decide the coordinates to tap. Please refer to here for how to decide the point color and tap.
・In the same way, decide two color points and a tap point for each screenshot.
・When you are done, press the [Make Out] button to create and save the Lua script.
・Put the script into the AnkuLua folder for Android, and into the AutoTouch Script folder for iPhone.
・Launch the application you want to operate automatically and execute the Lua script.

最後に

AutoMainPNGの最大の利点はバージョンアップで画面構成(UI)が変更になっても修正が簡単です。
また、画像認識と比較した場合、非常に高速で処理が出来る事、どの画面から始めても的確に目的のボタンをタップします。

Lastly

The biggest advantage of AutoMainPNG is that it is easy to modify even if the screen structure (user interface) is changed due to application version update.
Also, compared to simple image recognition, AutoMainPNG can process very fast and tap the target button accurately no matter which screen you start from.