マックmacOSをアップデート後にモニターが写らない

昨日、マックのmacOSをSonoma14.0へアップデートしたところ再起動後はモニターが認識せず何も映らない状態になった。

チップはApple M1でmacOSを最新にする前はモニターに表示されていたが、Sonoma14.0にアップデートしてからは起動時に
一瞬認識してそのままモニターは信号が無いと判断しスリープ状態になる。

利用しているモニターはDell 4K 31.5インチ

まっく自体は起動して正常の様に見える、起動音は聞こえるし、Bluetoothも認識している。モニターとの接続に問題があるのかUSB-Cの接続線を外してHDMIに変更してマックを起動したがモニターには何も映らない。

電源が入った状態で、HDMIからUSB-Cに接続し直したところ画面に映った。このあとは毎回マック起動後にUSB-Cの抜き差しが必要になった。

macOSの改善を至急お願いしたいが、Bluetoothでは改善された点もある今までマウスとマック本体の距離が20㎝以上離れると
マウスカーソルの動きが不安定になっていたが、Sonoma14.0にアップデート後はそのような事は無くなった。

Bluetoothの通信距離は10mのはずだが2mも離れると感度が悪くなるこの辺も改善してほしいところだ。

macOS Sonomaにバージョンアップ後様々なトラブルがネット上で散見できるが、今回の外部ディスプレイの問題は元々あるらしい早く改善してほしいものだ。

ちなみにM1マックにはUSB-Cのポートが2個あるため反対側に接続する事でモニターが認識してくれるかもしれないので後ほど
チャレンジしてみる。

しかし、HDMIで接続しても認識していないのだから無理なのかもしれない。HDMIもマック起動後に抜き差しする事で認識するようになる。

その他に確認する事としては次のとおり

PRAM/NVRAMのリセット

「PRAM/NVRAMのリセット」はMacのシステム設定の不具合を修正するための方法で次の手順に従って行う。

  1. Macを再起動
  2. 再起動中に「Command + Option + P + R」キーを押し続ける
  3. Macのスピーカーから音が鳴ったら、キーを離す。

このリセットにより、PRAMとNVRAMの設定が初期化により設定に関連する問題が修正される。

SMCのリセット

「SMCのリセット」はMacのシステム管理コントローラ (SMC) の設定を初期化することで、Macのパフォーマンスや挙動に関連する問題を修正する

SMCのリセット手順は、MacのモデルやOSバージョンによって異なり、Intel製プロセッサ搭載のデスクトップ型Macの手順は次のとおり

  1. Macのシステムを終了し、電源をオフにする。
  2. 電源コードをコンセントから抜いて、15秒間待つ。
  3. 電源コードを再びコンセントに挿す。
  4. 5秒間待ってから、電源ボタンを押す。

ノート型Macの手順は以下の通り

  1. Macのシステムを終了し、電源をオフにする。
  2. shift+ control + option+電源ボタンを14秒間押しっぱなしにする
  3. 全てのボタンから手を離し、電源を入れる

このリセットにより、SMCの設定が初期化、電源関連の問題やファンの騒音、キーボードやトラックパッドの挙動などが改善される場合がある。

となるが私のマックはM1なので機能が無い

M1 Macで廃止または変更された対処法

  1. SMCリセット
  2. NVRAM/PRAMクリア
  3. シングルユーザモード
  4. verboseモード
  5. ファームウェアパスワード
  6. ターゲットディスクモード
  7. インターネットリカバリ

一部のトラブル対処法が引き続き搭載されている一方、M1 Macでは廃止されたものや、方法が大きく変わったものも多数存在する。「SMCリセット」や「NVRAM/PRAM(不揮発性メモリ)クリア」はM1 Macでは利用できない。

SMCは「システム管理コントローラ」とも呼ばれ、主にIntel Macの電源周りを制御・管理する機能。この設定をクリアすることでMacの不調が解消されることがあるため、これまで定番のメンテナンス手法。しかし、M1 Macではユーザーによってリセット自体ができないようになっている。

ということなので、appleが何かしら改善してくれないとUSB-Cの抜き差しが毎度のたびに手作業で実施しなくてはいけない現状になった。

改善方法を知っている方はコメントにおねがいする。